HOME > 美髪メソッド > キレイな色を保つには

キレイな色を保つには

白髪染めをした後のケアで、色持ちや髪の傷み具合は大きく変わります。
日々の生活で気を付けると良い事をご紹介します。

毎日使うものだから、気を付けたい 【ヘアケア剤の選び方】

石けん成分が主体のシャンプーは、色落ちしやすい傾向があります。
染めた髪色を美しく保つには、色落ちを防いだり、髪の状態を整えるために作られたカラーリング専用のシャンプーやコンディショナー、トリートメントのご使用をおすすめします。


濡れたままではいけないの? 【濡れた髪で気を付けること】

髪が濡れている時は、髪同士がこすり合って傷みやすいので、シャンプー後のタオルドライはゴシゴシ拭かず、タオルで髪をはさみ込むようにして拭いてください。

また、髪が濡れた状態では、衣類や寝具等に色が付くことがあります。
濡れた髪は、乾かすようにしましょう。ただし、ドライヤーのあて過ぎは、髪の水分もなくし、ダメージの原因になりますので、ご注意ください。

詳しくは美髪のためのデイリーケアへ »


他にも気を付けた方が良いことはありますか? 【その他】

日常生活の中でも、色落ちや変色の原因になることがあります。
それぞれの注意点を見直し、きれいな色を長く楽しみましょう。

  • 紫外線

    紫外線によって色素の一部が変化して、変色が起こることがあります。紫外線の強い季節は帽子などの対策をお忘れなく。

  • プール

    プールの消毒に使われる塩素系成分には、若干の漂白作用があります。
    色落ちの原因になるため、プールの後はしっかりと髪を洗ってください。

  • パーマ

    染毛後にパーマをかける際は、1週間は空けることをおすすめします。染めた色が落ちたり、変色することがあるため、染毛後にパーマをかける際はヘアサロンに相談してください。

  • 育毛剤

    トニックや育毛剤では、まれに色落ちすることもあります。
    染毛後1週間程度は、念のため使用を
    控えていただくことをおすすめします。

▲このページのトップに戻る▲