HOME > 美髪メソッド > 白髪ができる仕組み

白髪ができる仕組み

白髪はなぜ生えてくるのでしょうか?
そのカギを握るのが「メラニン色素」。
「メラニン色素」をほとんど含まなくなってしまった髪が、白髪となるのです。
「メラニン色素」の働きと髪が生える様子を見ながら、白髪になる仕組みについてご説明します。

髪色に違いがあるのはどうして? 【髪の色の正体はメラニン色素】

白髪や黒髪、またブロンドなど、髪に色に違いがあるのは、髪のなかのメラニン色素が影響しています。
その量が髪の色を左右するのです。
たとえば、黒髪は黒褐色をしたメラニン色素の量が多く、白髪にはメラニン色素がほとんど含まれていません。


最初から黒い髪として生えてくるの? 【髪がメラニン色素を取り込む仕組み】

実は、毛根で髪が作られた直後にはメラニン色素は含まれていません。
つまり生まれたての髪はすべて白髪なのです。
それが成長する過程でどのように色付いていくのか、その仕組みを見てみましょう。

毛髪は細胞分裂でできる
毛根の一番先にある毛乳頭が毛細血管から養分を取り込み、周囲の毛母細胞へと供給します。養分を得た毛母細胞は絶えず分裂を繰り返し、それによって毛髪を作り出します。
頭皮内でメラニン色素を取り込む
毛母細胞の周りにはメラノサイトと呼ばれる色素生成細胞があり、メラニン色素はここで作られています。
毛母細胞で作られた直後の白い髪は、毛根で成長する過程でメラノサイトからメラニン色素を取り込み、やがて普段目にする黒髪として頭皮から押し出されるように現れます。

毛乳頭とは?
毛根の底の部分に存在し、髪の成長をつかさどる器官です。
毛細血管から養分を取り込み、髪となる毛母細胞へと送り出しています。
またヘアサイクルの成長期、休止期、退行期のそれぞれの段階において、
必要な指令を毛母細胞に送ってコントロールしているのも毛乳頭です。
毛乳頭がある限り、髪は何度でも生え変わることができます。
発毛に必要不可欠な器官です。
毛母細胞とは?
髪の毛となって成長していく細胞のことです。
栄養を受け取って細胞分裂を繰り返し、髪を形成・成長していきます。

最初から黒い髪として生えてくるの? 【髪がメラニン色素を取り込む仕組み】

メラノサイトがメラニン色素を作るには、チロシナーゼという酵素の働きを必要とします。このチロシナーゼが加齢などの原因によって減少すると、メラノサイトの機能が低下し、メラニン色素は作られず、色が付かないままの髪が頭皮から生えてきます。これが白髪の正体です。
また、メラノサイト自体が何らかの原因でなくなってしまうこともあり、この場合も白髪になります。
いずれにしても、メラノサイトの消失やチロシナーゼの減少がなぜ起こるかについては、今のところまだ完全には解明されていません。よく耳にする加齢や遺伝のほかにも、ストレス、食生活の乱れなどが影響するとも言われています。

チロシナーゼとは?
「メラノサイト」が髪の色のもとである「メラニン色素」を作るのを促す酵素です。この働きが悪くなると白髪になってしまいます。
シミなどの原因と言われることもあり、肌にはあまり好ましくないイメージですが、黒髪を作るためには、欠かせない酵素です。

▲このページのトップに戻る▲