HOME > 美髪メソッド > 美髪のためのデイリーケア

白髪の量と色の選び方

毎日のヘアケア。正しい方法で行わないと、
かえって髪のダメージの原因にもなってしまいます。
普段のシャンプーや髪の乾かし方を見直し、キレイな髪を目指しましょう。

正しいシャンプーの仕方 【シャンプーの仕方】

1.髪のもつれをなくす
髪は濡れると絡みやすくなります。そのため、目の粗いブラシやクシであらかじめ髪のもつれを取り去っておくことが大切です。
髪がもつれたままシャンプーをすると、洗う時に大きな力が加わってしまい、ダメージの原因になります。
2.髪を充分に濡らす
シャンプーの泡立ちを良くするために、髪を充分に濡らしましょう。
シャンプーの泡は、シャンプー中の髪同士の摩擦によるダメージを防ぐ働きがあります。
3.たっぷり泡立てて洗う
シャンプーを手のひらに適量取り、軽くのばして髪になじませしょう。そして、たっぷりと泡立てます。
充分泡立ったところで、頭皮を指の腹でマッサージするように洗ってください。スタイリング剤などが多量についていなければ、自然と髪の汚れも一緒に落ちます。

※絶対に爪を立てて洗わないように。頭皮の汚れやべたつきが気になったり、爪を伸ばしていて難しい場合は、頭皮洗浄用ブラシを利用すると、毛穴の汚れを落としながら血行を促すことができて便利です。

4.充分にすすぎを行う
シャンプーが残らないように、たっぷりのお湯でしっかりすすいでください。
しっかりすすいでいないと頭皮の炎症の元になります。
5.コンディショナーかトリートメントを行う
適量を手に取り、ダメージを受けやすい毛先から、髪全体へとなじませます。
そのあと、十分にすすぎましょう。(シャワーなら20~30秒ほどが目安。)
トリートメントを使用される場合は、髪になじませた後に数分置くと
効果的です。
6.やさしくタオルドライする
タオルで髪をはさみ込み、軽くポンポンとたたくようにして、水気を充分にふき取ります。

※激しくこすらないようにしましょう。毛髪は濡れているときが最も弱くなっていますので、髪同士がこすれるような拭き方は、キューティクルが傷みやすくなります。


ドライヤーをうまく使うには? 【髪の乾かし方】

1.ドライヤーは乾ききる直前で止めるのが効果的
ドライヤーの熱を当てすぎると、髪の水分が失われ、キューティクルがめくれ上がってしまいます。
2.乾ききった髪にドライヤーの熱を当て続けない
髪の温度は濡れている間は上がりにくいのですが、乾ききると途端に急上昇します。水分も急激に失われていきますので、乾ききる前にやめましょう。
3.熱を一カ所に当てすぎない
当てた部分の温度が急激に上がり、髪の水分が失われます。
4.洗い流さないトリートメントを使う
「洗い流さないタイプのトリートメント」を使うと、うるおいを補給して、
キューティクルを保護してくれます。
パサつきが気になったら使ってみましょう。

パサつく・・・毛先が引っかかる・・・ 【髪のダメージが気になったら】

キューティクルのケア効果が高い「洗い流さないトリートメント」、
髪の内部のケア効果が高い「トリートメント」「ヘアマスク」を活用しましょう。

洗い流さないトリートメント
洗い流さないので、髪にじっくり作用。
キューティクルをダメージから守ります。
毛先までスルンとした指通りに。
トリートメント / ヘアマスク
傷んだ髪の内部を補修し、髪全体を均一にケアします。

▲このページのトップに戻る▲