HOME > 美髪メソッド > データで見る髪のいろいろ

データで見る髪のいろいろ

髪を美しく保つには、まずは髪の事を知ることから始めましょう。
日本人の平均的な髪の生え方から、髪の毛がどのような構造になっているのか、
傷むと髪はどうなるのか、いろいろなデータをご紹介します。
「どのような状態が美しい髪か」を一緒にみていきましょう。

髪はどんな風に生えているの? 【日本人の髪】

大まかな本数や、髪が生え抜けるまでのサイクルを数値にしました。

日本人の平均

頭髪の本数
約10万本
頭髪の寿命
女性 4~6年 / 男性 3~5年
のびる速さ
約1cm / 月
自然の抜け毛
約50~150本 / 日 ※個人差、年齢、季節により変動します。

髪の毛はどんな風に出来ているの? 【髪の毛の構造】

髪は大きく3つの部分から構成されています。

【メデュラ】髪の芯にあたる組織です。 【コルテックス】メラニン色素を含むやわらかいタンパク質で構成されています。髪の性質を決める主要な組織です。 【キューティクル】透明なガラス状のタンパク質でできています。髪の内部を保護し、ツヤや指通りを左右します。

コルテックス
髪の性質(やわらかさ、太さ、色)を決める主要な組織です。髪の85~90%を占めていて、弾力やしなやかさを与えています。
メラニン色素
スキンケアでもよく聞く言葉ですね。髪にも含まれ、肌と同じく色合いを決める重要な要素です。メラニン色素がなくなってしまうと、白髪になります。
キューティクル
こちらもお馴染みの言葉です。キューティクルが整っていれば、髪がツヤツヤして指を通してもすっと流れます。ガサガサすれば、キューティクルがはがれて、ダメージを受けている状態です。

キレイな髪とは、どんな状態? 【キレイな髪とは】

実際に「キレイな髪」とはどういう状態の事を言うのでしょう?
傷んだ髪と見比べながら、理想の髪の状態をみてみましょう。

キレイな髪

  • ツヤがある
  • パサつきがない
  • 枝毛がない
  • ムラのない髪色
  • 引っかかりがない
  • ゴワつかない
キューティクルの状態
きれいに重なって並んでいる。
コルテックスの状態
繊維状のタンパク質の間をゼリー状のタンパク質が埋めている。

キレイな髪

  • ツヤがない
  • パサついている
  • 枝毛がある
  • 透けたような色合い
  • 引っかかる
  • ゴワつく
キューティクルの状態
重なりが浮き上がっている。
欠けて、はがれている。
コルテックスの状態
ゼリー状のタンパク質が少なくなり、繊維状のタンパク質の間に隙間ができている。
※水分・メラニン色素・染料も抜けやすくなっている状態。

▲このページのトップに戻る▲